馬渕教室( ウィルウェイ )に関する情報を発信する 5ちゃんねる掲示板 です。

現中3 日曜文理選抜コース

公立文理学科・難関私立「合格」へ!
馬渕教室の力を結集したハイレベル講座。


最高レベル生が拠点校舎で切磋琢磨しあう。

北野高文理、天王寺高文理、大手前高文理などの文理学科の入試は、難度が高く、深い思考力や応用力が必要になり、これに特化した授業や演習が必須となります。中3日曜文理選抜コースは、英·数·国·理·社 5教科の徹底対策を行う、文理学科合格のための特別講座です。入試問題を分析し、その分析をもとに作成した模擬試験なども用いながら、ハイレベルな授業を展開します。
馬渕教室のノウハウを結集した教材とカリキュラムで、文理学科合格へと導きます。


https://kouju.mabuchi.co.jp/top_page_topics/sun_bunri.html

馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch

生徒、保護者、講師…。巨大な集団をまとめる校長という仕事

馬渕教室で英語講師を務めるT氏。1997年新卒入社、講師歴23年。馬渕教室を無名だったころから支えてきた生え抜きのベテラン講師だ。いくつもの校舎で、校長として高い実績を収めてきた谷は、この仕事の難しさをこう語る。「私たちは、受け持つ学年ごとに教え方を変えます。受験を控えた3年生には厳しく、1年生には楽しく、といった具合に。だから、生徒アンケートをとったら、先生の評価は、学年ごとに違ってくると思いますよね。でも、これが違うのです。結果は、どの学年もほとんど同じ。生徒は、私たちの本質を見抜いているわけです。」

T氏自身も、本質を見抜かれ、苦い経験をしたことがある。それは入社6年目、はじめて校長を任されたときのことだ。「前任の校長は、私が師と仰ぐ方。新米校長の自分に、偉大な先生の跡を継げるのか。私は右も左もわからない状況のなか、尊敬する先生のマネをしようと思い立ったのです。しかし、私と先生の人格は異なります。表面的にはマネができても、本質までマネをすることはできません。結局、生徒たちにはそこを見抜かれ、校舎をまとめることができませんでした。」ようやく掴んだ校長のポジションを、1年で降りた。
再チャレンジは1年後。「次、失敗したら終わり。」T氏は不退転の覚悟で挑んだ。マネはしなかった。スタッフも思いやった。前回の反省点はすべて改善した。…つもりだったが、突然2人の講師が退職することに。スタッフの5分の2を失った校舎は、崩壊寸前。「もう辞めようか。」そう思った矢先だった。校舎に残った2人の部下が、救いの手を差し伸べてくれたのだ。「やってきたことは間違いではなかった。支えてくれる彼らのために働こう。」T氏は覚悟を決めた。結果、その年の受験は大成功。生徒からも、保護者からも、スタッフからも、確かな信頼で結ばれ、T氏がまとめる五月が丘校は、いつしか馬渕教室で最大の校舎になった。「敗者復活戦あり。」これが馬渕の成長の根幹にある。

壁にぶつかり、悩み、改善をする。それを繰り返すうちに、T氏の器は、大きく、どこにもない形へと変化。T氏にしかできない授業、T氏にしかできない校舎運営ができるようになった。「いい校長とは?」という問いに、答えはない。もがき苦しみ、自分なりの答えを模索し続ける。それが巨大な集団をまとめる校長の難しさであり、醍醐味でもある。     

馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch

一緒に働く先輩や仲間のおかげで、この仕事にやりがいを見出せた。

私は、学校の先生になりたいと思っていました。しかし、実際に見学に行かせていただいた時に、私が想像していたものとは違うと感じたのです。そこで、もっと視野を広げて就職活動を行なうことにしました。当時の私は、塾に対して「学校の教師になれなかった人がなる仕事」だという印象を抱いていました。しかし、「馬渕教室」の説明会に参加した時、社員の方の対応や研修制度の充実、さらに教育に対する熱意を感じ、自分が間違っていたことに気付いたのです。その後もいろんな塾の説明会に行きましたが、やはり「馬渕教室」が一番だと思いました。就職活動で、私は2つの軸を大切にしていたのですが、1つは自分に合っている仕事かどうか。そして、もう1つはどんな人が働いているのか。そのどちらの視点から見ても、「馬渕教室」で働きたいと思いました。

今は、高校受験部門の英語担当として授業を担当しています。実際に入社してみると、「馬渕教室」で働いている人は想像以上に素晴らしく、教師としても人としても成熟している人が多いと感じています。実は、働き出すようになってから、自分がこの仕事に向いているのかを悩んだ時期がありました。不安になると、どうしても同期と比べてしまい、落ち込んでしまっていたのです。そんな時、「それぞれの長所があるから人と比べなくていい。ただ、その長所は伸ばさないといけないから、自分から声を出していかないと」という言葉を、先輩からいただきました。厳しい言葉ではありましたが、とても納得できる言葉でした。それからは、少しずつですが自分のペースを大切にしながら前に進んでいます。

今後の目標は、成績を上げられる先生になること。仕事を少しずつ覚えて、今は授業を一通り進めることができるようになりました。今後はさらに成長し、しっかりと結果を出せる教師になりたいです。そのためには、生徒一人ひとりとしっかり関わっていくこと。でも、それは簡単にできることではありません。だからこそ、諦めずに関わり続けていくことが大切だと思っています。私も教師として、さらに人として成熟した人になれるように、今後も頑張っていきたいです。

馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch

ウィルウェイはどんな会社?パート2

規模だけではなく質も常に変化している会社です。次々と新しい教育ツールや学習方法が導入されるので、システムの先進性と成長する勢いを体感することができます。勉強で困っている子どもを助けるという一点だけはぶれずに、他は柔軟に変化しながら進んでいます。教室運営の特徴は自由度の高さで、ウィルウェイでは一校舎に与えられている裁量が大きく、地域性を考慮した教室ごとの方針に合わせて運営ができます。他にも柔軟に変えられる場面は多く、アルバイト採用の講師も十分に力を発揮できる環境です。

馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch

謙虚な姿勢で講師と接することが大切

特に大変だったのは新卒1年目。右も左もわからない中で、自分よりもキャリアの長い講師陣をまとめていかなければならない。その上、講師陣はみんな優秀。最初のうちは、発言の意図がわからないと突かれることも多々ありました。そのような状況下で気をつけたのは、謙虚な姿勢。感謝するときは感謝する。謝るときは謝る。何事も自分が率先する。どれだけ忙しくてもコミュニケーションを疎かにしない。常に謙虚な姿勢を貫いた結果、講師陣が未熟な私を助けてくれるように。辛いときに帰りの電車で講師が励ましてくれたり、校舎の未来について語ってくれたことは、今でも忘れません。

馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch馬渕教室 5ch